茄子の花ずし
今年も美しい『茄子の花ずし』が届いた。
県南に住む 漬けもの作りの名人が丹精込めて作ってくださったもの。
例年なら11月中旬に漬け上がって届けてくださるのが今年は遅くてちょっと心配した。
ちょうど茄子を下漬けする時に猛暑でとても心配したが思ったより
も色良く漬かっていてホッとしたと添えられたお手紙に書いてあった。
漬けものは材料の良しあしもさることながら その年の気温も微妙に影響する。
箱を開けてみる時のわくわくする気持ち♪
鮮やかな菊の黄色とつやつやの茄子紺が目に飛び込んできた。
庭の南天の葉もさりげなく添えられていた。
f0088197_2257764.jpg

新米が出て、寒くなってしぐれてきて、この花寿司が届くと秋田は冬になる。
一粒茄子という茄子も送ってくださった。こちらにはもみじの葉っぱが添えてあった。
f0088197_2332767.jpg

漬かり終わってこうだから かなり大きな茄子だったかもしれない。
『一個を二~三枚にスライスしまして藍色と中の白さのコントラストを楽しみながら食べて
いただきましたら幸せに思います』とお手紙にあった。
f0088197_2372519.jpg

きれいな自然の色を目で楽しませてもらってから おいしい味を堪能させてもらった。
お陰さまでお正月にも美しい花寿司をいただくことができます。
ありがとうございました。
*******************************************************************
天使の髪 カッペリーニ
   パスタのなかでは一番細いカッペリーニ
   今年のNHKの番組でこのカッペリーニを詠んだ短歌を聴き、書き留めていた。
   残念ながら作者はわからず。
   私の大好きな歌人 小島ゆかりさんが選んだ歌だった。

   『たとへば子がありても不思議なき真昼 天使の髪とふパスタ茹でをり 』

   今日の私のカッペリーニは冷蔵庫の中のもので、ソーセージ、パセリをオリーブオイルで炒め
   焼きざましの三五八漬けサーモンをパラパラにほぐして入れた。
   細いので とても食べやすい。
f0088197_23233177.jpg

*******************************************************************
華やかにクリスマスカクタス
    
f0088197_23252334.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-12-06 23:25 | 郷土料理


<< 残菊 秋の院展へ >>