花友へお届け
数日前から我が家の椿が咲きだした。
割に花期は長いが、この椿を待っている花友に早く届けたくて昨日お邪魔した。
椿は一日花で花ごと落ちてしまうので お年を召した方は嫌う人が多いのだが、
この花友は椿がどんな花よりも好きという方。
約一年ぶりの再会、お元気そうでほっとした。
何よりもきちんと髪を整え、おしゃれなものを身につけていた。
f0088197_21201644.jpg

大きなバケツに水を入れ、椿を水につけるところまでお手伝い。
椿もうれしいことだが、私が会いに行ったことが何よりもうれしいと喜んで下さった。
f0088197_21202779.jpg

お茶を淹れながら 関を切ったように話をする。
『去年もあなたが帰った後 自分ばかり話してしまったと反省したのよ~』という。
ご近所づきあいもよく 友人も多い方なのだが、同年代だと話がついつい・・・・・病気、介護、
そしてお葬式、お墓の話になるという。
若い人と話するのは楽しいと少女のようにはしゃいでいる。
f0088197_21363279.jpg

昨日ばかりはひたすら聞き役にまわる。
『この玄関はいつでも開けておくから  また来てね!』
外まで見送りにきてくれそこでまた名残惜しく話をした。
『この次は美味しいものでも持ってきます!』指きりして別れた。
f0088197_21344365.jpg

84歳になった花友の庭にたくさん咲いていた紫の斑入りの白すみれ
f0088197_21371867.jpg

******************************************************************
晩ごはん
    山ウドのきんぴら
f0088197_21411978.jpg

    生赤魚の煮付け
f0088197_21414740.jpg


お弁当
    筍入りカレー炒飯
f0088197_21435867.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-05-18 21:48 |


<< ハナミズキ アスパラガス >>