2006年 11月 30日 ( 1 )
いつもの空に・・・
天気予報どおり夕方近くには曇ってきた。
気温もかなり下がって、風が出てきて 冷たい雨粒はどうやら細かいみぞれにに変わった。
ああ、今年もやってきた。寒くて、長い冬が・・・。
そして見上げればいつもの空が広がっていた。
f0088197_22124591.jpg

全て葉を落とした木々は鉛色の空一杯に毛細血管のような枝を広げている。

急に日が差し込んで自転車で横切った右の方に明るい黄色が見えた。
引き返していってみると、そこはもみじの絨毯、それから金色に輝くもみじの木。
f0088197_22164263.jpg

f0088197_22311566.jpg

ここだけがまだ秋のように暖かだった。ふかふかとした色とりどりのもみじ模様の絨毯の上を歩いた。なんだかこれで秋とはお別れのような気持ちになった。

冷たい風の中を走り、家に着いたら自然の風でドライフラワーになった紫陽花、これから赤い実をつけるため、白い可憐な花を咲かせている柊。
f0088197_2221262.jpg

さようなら秋・・・そしてこれから長い冬
[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-11-30 22:23 | 自然