2009年 07月 13日 ( 1 )
きぶしの実
白神の地できれいな沢に生えている『ミズ』を採りました。
長靴を履いていても冷たく感じるきれいな沢水でした。
ミズがうわばみそうという言われるのはこんな水けの多いところに
生えるからだと聞いたことがあります。
斜面に生えているミズを採って、ふと上のほうを見ると直系1センチくらいの
実がなっている木を発見!
『きぶし』でした。春の花は良く見かけていたのにどうして今までこの実に
気づかなかったのでしょう?
青々とした珠があの花のつき方そっくりに下がってついていました。
この青々とした色からは想像できませんが、昔はこの実を使ってお歯黒をしたそうです。
f0088197_016226.jpg


今年は裏年なのか、昨年、あんなに鈴なりだったあんずが数えるくらいしか
実をつけてませんでした。
それでも大きな木に辛抱強くぶら下がっている完熟の実を頂いてきました。
遠い伊勢国に住む友人の友である陶芸家の作の器に入れました。
しっとりとなじんでいるのは・・・・・・・・この器 白神の土で焼いたものだそうです。
ふっくらとした杏の形と土の色がとけあっているように見えます。
f0088197_024376.jpg

*******************************************************************
晩御飯
  掘りたての新じゃがで作ったチーズ焼き
   
f0088197_0253219.jpg

  国産のレモンをたっぷりしぼったレモンサワーを飲みながら頂きました。
[PR]
by harunoyokihi06 | 2009-07-13 23:58 | 日々のこと