<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
武家屋敷 秋
5月はじめ、満開の桜で出迎えてくれた角館、先日紅葉の武家屋敷どおりを歩いてみました。
何気なく出かけたのですが、紅葉も見ごろで春よりは人でもなくゆっくりと散策しました。
名物の枝垂桜は裸木になっていましたが木の中では来春の花の準備がなされていることでしょう。
たくさんの武家屋敷の中で私はこの「岩橋家」のもみじが気に入りました。
f0088197_16404844.jpg

屋根と屋根の間から錦絵のようなもみじ
f0088197_1625532.jpg

1本の木なのに こちらは新緑のような涼しげな色
f0088197_16272655.jpg

燃えるような赤のもみじ
f0088197_16294745.jpg

こんなのもありました
f0088197_16385779.jpg


*******************************************
武家屋敷にはたくさんの木が植えられています。
松などの常緑樹とともに黒塀に紅葉が映えてきれいでした。
f0088197_16425182.jpg
f0088197_1643738.jpg
f0088197_16432017.jpg


More古城山・・春・・秋・・
[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-31 16:50 | おでかけ
さあ、ごはん!
展望台から美しい白神山地の山並みを眺め、下りてきたらもうすっかりお昼が出来ていました。
MさんとSさんは街からやってきた私たちをこんな珍しいものでもてなしてくださいました。
f0088197_21251319.jpg

栗、こはぜ、こくわの実です。
こくわはさるなしともいい、小さなキーウィフルーツです。
完熟をとってくれたので香りも甘みも十分でした。こはぜは夏はぜの実で、この実を入れたソフトクリームもおいしいです。漬物やゼリーに入れるときれいな赤紫です。

さあ、いただきま~す。
f0088197_21322919.jpg

竹のこ採りの時のようにつばがまで炊いたご飯です。おこげが人気でした!
中に入っているまあるいものは自然薯のむかごです。
今回初めて食べましたが、お芋のような、お豆のようななかなか美味しいものでした。すごく栄養があるようです。
いかの煮付けはとにかくやわらかくて美味しかったです。大根の漬物もなかなかの味でした。
f0088197_2232928.jpg

きのこどっさりの味噌汁もごちそうになりました。
デザートは蜂蜜のような甘さの完熟いちじく、梨のブルーベリー煮(コンポート)でした。
もうみんな動けないほどごちそうになりました。

そのうち大阪から紅葉を見に来た人たちも私たちのお昼に同席し、一緒に御馳走を食べました。親切に感動し、楽しんで帰りました。

f0088197_21404993.jpg


Moreダケカンバ
[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-28 21:42 | 自然
紅葉・・・見ごろです
北東北の紅葉が今見ごろを迎えています。
おととい抜けるような青空の日、思いがけず紅葉見物のお誘いがあり少し遠出をしてきました。
八森は青森県と隣接する町で、白神山地の入り口です。
前の日の寒さや雨がうそのような快晴で絶好の紅葉日和!
春にたけのことりでお世話になったMさんとSさんが案内役になってくださり地元のひとでなければ知らないお話を聞きながら青森県境をめざしました。
f0088197_11404258.jpg

f0088197_11423266.jpg

色づいた葉っぱと青い空のコントラスト
f0088197_11434578.jpg

f0088197_1144523.jpg

真瀬渓谷を経てこれから二つ森に向かいました。
青秋林道を走って,展望台に到着です。
ここが青森との県境です。展望台からは岩木山も見えました。
ぶなの木はすでに葉っぱが落ち、その間から美しい山並みが見えました。
f0088197_1214117.jpg

f0088197_1215892.jpg

ぶなの木の形にも魅了されました。
案内役のMさんたちは下でお昼ご飯の準備をしてくださいました。
今回も心づくしの品々が並びました。次回お楽しみに。
[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-27 12:21 | 自然
木漏れ日
少しずつ秋が深まっていくこのごろ、木漏れ日がきれいです。
毎日のように通る公園でこんなにきれいな木漏れ日をみました。
f0088197_225142.jpg

これは朝日を浴びる林檎2種。
大きい方が世界一、直径は13センチもありました。
北斗という品種と並べて撮ってみました。
f0088197_2284066.jpg

こっちはもってのほかという菊。
花びらをむしって ゆでておひたしにして食べます。
ゆでたもの酢水につけておくときれいな赤紫になります。
f0088197_2211359.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-24 22:12 | 日々のこと
秋色
母の病院へ行く途中、見知らぬお宅のお庭の木々が紅葉してきているのに気づきました。
中でも塀に絡まりついたつたはとてもきれいです。
f0088197_22594127.jpg

f0088197_22595548.jpg

いったい何色の絵の具をつかったらこんなきれいな色が出せるのでしょう。
こっちはもっと小さなつたです。
f0088197_231174.jpg
f0088197_231154.jpg

*****************************************
駅前の商店街ではハロウィンの飾りつけがしてあってとてもにぎやかです。
f0088197_23358100.jpg

f0088197_2341532.jpg

どの商店街も元気になろうと必死でがんばっているようです。

元気になる色といえばこの黄色!
f0088197_2323622.jpg

オキザリス
f0088197_2323341.jpg

野紺菊
f0088197_23235466.jpg

こんな秋日和がもうちょっと続いて欲しいなあ
[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-20 23:24 | 自然
とっぴんぱらりの ぷー
ぽかぽかとあたたかな秋の一日、秋田民話の会主催の昔語りを聴きに行った。
県内の語りべさんが北から南から集まって、たくさんのむかしっこを語ってくれた。
会場には60人以上のひとが聞きにきていたが、昔語りは本来囲炉裏端で多くて3~4人が聞くものだと教えられた。
f0088197_222299.jpg

この方は最後に語ってくださったHさん。
曹洞宗の家の人ならわかるとおもうが、位牌場に行くところに鎮座しているおばあさん(葬頭河の婆)のことを題材にした昔っこを披露してくれた。
オール秋田弁で、なかなかの演技力も加わり最高におかしかった、そして楽しかった。
f0088197_222452100.jpg

もう一つ印象に残ったお話、むかしっこのなかにおいしそうなお料理が出てきた。
ちょうど田植えのたばこに食べる料理、秋田では農作業の間の休みをたばこという。
そのメニューは  
 ホウの葉っぱさくるんだにぎりまんま(ホウの葉につつんだおにぎり)、身欠きにしんの小味噌煮、野ぜりのくるみ和え、そして大きな鉄瓶で沸かしたうめ~酒っこ。
酒がつくところがいかにも秋田!ホウ葉はいい香りがして、さぞ美味しいおにぎりだろう!身欠きにしんも秋田の人が好んで食べる食材である、これは味噌でにたものかな?野ぜりというのは田んぼの用水路辺りに生えている野生のせり。せりはきりたんぽにも欠かせない野菜。
それにおいし~い地酒・・・・・・・・豊かな食文化を感じたむかしっこだった。

そして、秋田弁のむかしっこはこれでおしまいというときに とっぴんぱらりのぷーという。
なんともユーモラスでリズミカルなおしまいの言葉だとおもう。

Moreもう秋なのに・・・
[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-19 22:31 | おでかけ
菊薫る・・・・
昨日は母の友人がきれいな庭の菊を持ってお見舞いにきてくださった。
用事をたしに出かけていた私が戻ると母の部屋はほのかな菊の香りがしていた。
女学校時代からの仲良しで、時々会って食事などしていたらしいが、電話に出ないので心配して叔母の所に問い合わせて来てくれたらしい。
f0088197_8563248.jpg

女学生時代に戻ったおばあちゃん2人はケラケラ笑って楽しいひと時を過ごしたそうで、これも何よりの心のリハビリだとおもった。

秋晴れが続く中外出先でプラタナスの木が目に入った。
迷彩色の不思議な街路樹。木漏れ日が暖かな午後。
f0088197_903353.jpg


**********************************************
おいしいりんごがたくさん出てきた。
「清明」  今年初めて食べた味。酸味がほとんどなくとっても甘い。 
       ふじが母体のりんごだそうだ。
f0088197_923553.jpg


こちらは「千秋」、秋田市を代表する公園も千秋公園という。
太陽の恵みを満遍なくうけて真っ赤に育ったりんご。
知り合いがりんごの木のオーナーになって収穫したものを持ってきてくれた。
この品種は歯ざわりがさくさくしていてさわやかな酸味が魅力。
f0088197_95089.jpg

あんまり赤い色がきれいなので、白雪姫のお話に出てくる毒りんごを想像してしまった不謹慎なわたし。
[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-17 09:08 | 日々のこと
いちじく
先日叔母が母の病室にたくさんのいちじくを持ってきてくれた。
叔母のうちの広い敷地にはいちじくの木が何本もあるらしい。
昨年まで母が煮た甘露煮をもらっていたが、今年は自分で煮てみた。
たくさんあるレシピの中から簡単で美味しそうなものを選んで煮た。
甘さはかなり控えめで、レモン汁をたくさん入れてさっぱりと仕上げた。
f0088197_22374680.jpg

この煮方は甘露煮と違って日持ちはしないが、甘さも控えめで食後のデザートにはとてもよい。

今日はとてもよいお天気で、壁に当たった朝日がきれいだった。
f0088197_2241255.jpg

カーテン越しの朝日もきれい!
f0088197_22433633.jpg

こんな秋日和があと何日続くのでしょう。

Moreオセロー
[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-15 23:04 | 食べ物
紫蘇の実
朝晩冷え込んできました。
この時期、必ず作るものがあります。
少し前、何時もいっている野菜の直売所で買っておいた紫蘇の実。
いったん塩漬けしておいた紫蘇の実を塩出しして、刻んだみょうがとにんじんを一緒にさらしの袋に入れて味噌に入れます。
待ちきれないけど、味噌の味がなじむまで一週間待ちます。
そして出来たのがこれ!
f0088197_21224880.jpg

新米のご飯にこれがあれば何杯でも・・・・・・・・アトが怖いですが・・・・。
********************************************
庭のしゅうかいどうがきれいに咲いています。
f0088197_22364983.jpg

茎の部分もピンク色でとてもきれいです。
******************************************
今日旅行にいっていた叔母が母のお見舞いに持ってきてくれた美味しいお菓子。
たねやの芋子判。
なると金時を使ったとっても美味しくてかわいいお菓子でした。
今日の母のお昼ご飯にもふかし芋がついていました。
f0088197_22433448.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-14 22:43 | 料理
コロッケ
札幌の住む友人が毎年送ってくれる北海道のじゃがいも。
この美味しいじゃがいもが届くと食べたくなるのがコロッケ。
丸ごとゆでて皮をむきつぶして、いためた牛ひき肉、たまねぎ、にんじん、グリーンピースを入れて塩コショウ。丸めて小麦粉、溶き卵、パン粉をつけてあげるだけ。
ハイ出来上がり!
f0088197_212174.jpg

何もつけなくても塩コショウの味で十分美味しいです。

秋の花が咲き始めました。
これはとてものっぽのしおん
風に揺れているこの花をみるとのどかな原田泰治さんの描く絵を思い出します。
f0088197_2125078.jpg

こちらはホトトギス。
f0088197_21275461.jpg

帰り道 紅葉したケヤキがライトに照らされとっても素敵でした。
f0088197_21392544.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2006-10-11 21:39 | 料理