<   2010年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧
美味しい秋
一年中今日のような天気だったらいいのに・・・・・と思える いい秋晴れ。
夏の間たくさん食べた李(すもも)にも秋のものが出ている。
『秋姫』というすもも 皮をむくとおいしそうな黄色の果肉が出てくる。
 秋の陽を浴びた秋姫をパチリ!甘さと酸味が調和したいい味!
f0088197_22294735.jpg


赤い萩が終わりかけたころ白萩が咲き始める。
空き地に自生しているもののせいか、花つきはパラパラとまばらだがかえって
素朴でいいと思った。
f0088197_223789.jpg


お隣のむくげの生垣にさおとめかずらの実が絡まっている。
本名は。。。かずら、くるくるっと手で丸めて素敵なリースになった。
f0088197_22415034.jpg

*******************************************************************
晩ごはん
f0088197_22473863.jpg

   カマスの塩焼き(開いてしばらく日本酒と塩に漬けて焼いた)
   脂がのっていてこんなにおいしい魚とは思わなかった。
f0088197_22445959.jpg

   ペッパーポークハムのマリネ(セロリ、パプリカ、玉ねぎ)
f0088197_22462872.jpg

   さといもの梅味噌がけ(蒸した里芋に梅味噌が合います)
f0088197_22471681.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-30 22:47 | 好きなもの
ごんぎつね ふたたび
今年もあちこちのブログに美しい『彼岸花』が載せられています。
ブログ友のkeroさんも素晴らしい写真を見せてくれました。keroさん感激しました。
この花は私の住む北国にはあまり縁がなく、私がこの花を好きになったのは
娘がまだ幼かったころ本屋さんで見た『ごんぎつね』の絵本を手に取った時からでした。
f0088197_2374360.jpg

 絵本にはへいじゅうのおとうさんのお弔いの様子が彼岸花が群生する美しい景色とともに
描かれています。美しい絵は箕田源二郎氏のもの。
f0088197_2381167.jpg

このページも素敵ですが、私が美しいと思ったのは表紙に描かれた一輪と裏表紙の三本の
彼岸花の絵でした。
f0088197_2382263.jpg


昨日のブログにコメントをくださったSidediscussionさんが彼岸花の群生地は
新美南吉の生家のある場所だと教えてくださいました。(愛知県半田)
17歳の新美南吉は幼い頃に聞いた口伝を物語にまとめたもので4歳で母を亡くした彼の思いが
ごんという狐とダブっているようにも思えました。
やさしいタッチの箕田源二郎氏の絵も子供たちに好評でごんが撃たれた最後の場面では
しんみりとしたことを思い出します。
彼岸花のおかげで懐かしい本を再び手にして今夜はとても幸せな夜です。

なぜか今日も見ることができた『彼岸花』
 時々通る道沿いの花壇で ひっそりと咲く彼岸花 もう一度くらい会えるかも
f0088197_23253157.jpg

*******************************************************************
晩ごはん
   秋の味覚 川蟹を見つけさっそく蟹みそを熱々のご飯にのせていただきました。
   久し振りのナムル(もやし、にんじん、いんげん)
   活きのいい大きな鰺のお刺身
f0088197_23275953.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-29 23:28 | 好きなもの
しずく
何を着たらいいのかわからない季節。
あの猛暑からいきなり秋になってしまって、でも少し動くと汗が出る。
いつの間にか柿の実がうっすらと赤くなってきた。
今日は朝から雨が降ったりやんだり。
あいにくどうしても出かける用事ができ、雨の中を歩く。
細かな雨がしとしと降ってまるで梅雨のころのようだった。
畑の脇を通った時、美しいもの発見!
雨のしずくでできた細かなシャンデリアみたい!
アスパラの繊細な葉に小さなしずくがついてできた流れるようなシャンデリア。
f0088197_22494955.jpg

もっと大きくしてみると つぶつぶがきれいに並んでいる。
f0088197_2250454.jpg

雨の日の贈り物だな。
もう少し歩くと 雑貨屋の店先に赤い花が見える。
近づいてみたら『彼岸花』こちらではなかなか出会えない花。
田んぼのあぜ道や野原に燃えるように咲くこの花を一度見てみたいと思っている。
大切に鉢植えされた彼岸花 写真を撮っていいかと聞いたら、おじさんはとてもうれしそうな顔で
OKしてくれた。
f0088197_22585435.jpg

*******************************************************************
ヘルシーコロッケ
    おいしいおからとジャガイモで作ったコロッケ
f0088197_232161.jpg

    ごく少量のとかしバターと牛乳、卵を入れたのでぱさつかずおいしい。
f0088197_2344923.jpg

    枝豆「秘伝」の色のきれいなこと、味も最高
f0088197_2354779.jpg

    モロヘイヤ コンソメスープ
f0088197_2363941.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-28 23:06 | 自然
冬じたく
ぽかぽかの秋日和、散歩に出かけたいのをちょっと我慢し、少しだけ冬じたく。
このところ夜になると少し寒くなってきたので、丸めておいた絨毯を敷いた。
天窓も開け放って、風を入れながら作業。
f0088197_2202873.jpg

ストーブのカバーも外していつでも点火できるようにした。
掛け布団を干し、大きな物の洗濯もした。
青い空に赤とんぼが乱舞している。
ちょっと一休みのとんぼ
f0088197_21525251.jpg

コスモスもうれしそうに咲いている。
f0088197_22124863.jpg

いい風が吹いていたので午後もう一度洗濯機を回す。
今日は私もフル回転だった・・・・・。

晩ごはんのワインがおいしい!
ヒレかつにパプリカのサラダ、いんげんのお浸し
ねぎをたっぷり入れた玄米の炒めご飯
f0088197_22322446.jpg


f0088197_2234530.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-27 22:34 | 日々のこと
秋色
今年は暑い夏が長かったせいか 急に涼しい秋が来てちょっと戸惑っている。
富士山も初冠雪したとのニュースを聞いた。
友人宅の五色唐辛子がクリスマスツリーのように賑やかで写真に収めた。
これからどんどん色が変化していくそうだ。
f0088197_20451782.jpg

今日は彼岸明け 日曜日なので赤飯を作った。
秋田ではお祝い事の時に限らず、お盆、不祝儀の時もお赤飯を作る風習がある。
赤飯の赤い色が邪気を追い払うという意味があるので昔から作ってきたそうだ。
てんこ小豆を煮だしそのきれいな紫色の煮汁でもち米を染めて二度蒸しする。
七分どおり蒸し上がったら 香のいいおいしいほうじ茶に塩を入れて赤飯にかけ
その水分を吸わせてもう一度やわらかくなるまで蒸す。
香ばしく 風味のいいお赤飯が出来上がった。
f0088197_2051895.jpg

小茄子の寒麹漬けもできた!
f0088197_20542353.jpg

秋刀魚は乾燥生姜をいれて佃煮に、昨日の美味しい野菜でささげの油炒め、かぼちゃの
甘煮)
f0088197_20543741.jpg

******************************************************************
お昼はトースト
   久し振りにからりと晴れた気持ちのい一日
   いただいたパプリカをサラダにして食べた。
   茄子のオリーブオイル焼きに「粉チーズをふったもの。
   明るいペーパーナプキンをマットにしてパン食も楽しい。
f0088197_20595298.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-26 20:59 | 自然
おいしいね!
今年も『いくら』の季節がやってきた。
我が家に新米がやってくるのももうすぐのはずだけど、待ちきれなくて
この鮭の子(いくら)をのせて食べている。
f0088197_22591328.jpg

母がそうしていたように水の中でほぐしたいくらをきれいに洗い、だし醤油
に酒を入れたもに入れてさっと火を通す。
このさっとが微妙でなかなか書き表せないが、いくらの表面が白くなってしまうほど
煮たらだめで、絶えず平たい鍋を動かしながらほんのちょっとだけいくらの色が変化
したら火を止める。
火からおろしても鍋を揺り動かし、余熱もまんべんなくいきわたるようにする。
入れ物にあけて静かに味のしみるのを待つ。(一日すればおいしくなる)
今日母にどうしてさっと火を通すの?と聞いたら祖母もそうしていたようで、特別な理由は
ないそうだ。
我が家の子供たちも さっと煮のいくらが一番おいしいという。
いくらをそうやって出す料理屋さんもいてその方によれば少しだけ火を通すことでいくらの
甘さが増すそうだ。(私もそんな気がする)

でもお寿司には生の醤油漬けの方がきれいなのでそれも作りたいと思っている。

*******************************************************************
 おいしい枝豆 『秘伝』が出ていた。
f0088197_23111510.jpg

  これが今年最後のおくらかな?かわいいおくら。
f0088197_2312058.jpg

  今日買ってきたもの!
    ねぎが柔らかくなってきた、つけ茄子も買ってただいま漬物桶の中。
    つがるも里芋も買ってきた。
f0088197_2315313.jpg

*******************************************************************
  椿の実
    椿に大きな実がついた
f0088197_23241312.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-25 23:17 | 好きなもの
晴れて嬉しい♪
朝方冷えたせいか 今日はいい天気になった。
途中 母に洗濯した着替えを届け 今日は少し遠出。
『秋』を探しながら2キロばかり歩く。
なるべく通ったことのない細い路地を歩くようにする。
午前中にこんな風に歩くことは少ないから きれいな朝顔にであった。
猛暑だった夏の盛りより朝顔が元気に咲いている。
f0088197_22344714.jpg
 
大きなお寺がたくさん並ぶ寺町、お墓にはきれいなお花が備えてあった。
昨日は彼岸の中日だった。
更に細い路地を入ると行き止まり、昔ながらの家の前でおじさんがたばこを吸っていた。
『ここで何しているの!』不審者に思われたかな?
『散歩です』と答えたが、なんだか寂しい世の中になったなあ~。
でも家の前のお花を褒めたら増やし方まで教えてくれた。
『おじさんありがとう、手塩にかけて育てた千日紅は見事でしたね。』
f0088197_22472162.jpg


帰りは3時ごろ、喉を潤すためにいつもの喫茶店へ。
お気に入りの席があいにく塞がっていて丸いテーブルへ。
勉強している人、おしゃべりに夢中な人、黙って外を見ながら珈琲をすすっている人・・・・。
歩いたら暑いと友人はアイスコーヒー、私は熱いカフェオレ。
f0088197_2259455.jpg

木のお皿に 一寸帽子の櫂のようなスプーンはいいけれど 土もののカップのふちがあっちこっち
欠けていた。これはルール違反。まさかこれもお洒落だっていうの?
この次はこの窓辺に座りたいな。緑の木々が色づく頃に。
f0088197_2345995.jpg


友人も入院中の義父のもとへ。
夕暮れの街へ 空がきれいな茜色に染まってきている。
f0088197_2334783.jpg

買い物をして私も母のもとへ。
きれいな夕焼け空、明日はきっと晴れだね。
f0088197_236983.jpg

母の部屋の前にも夕焼けが届いていた。
f0088197_2315278.jpg

*******************************************************************
晩ごはん
    チャーハン(ピーマン、にんじん、ネギ、卵、豚肉、川海老)
    甘海老の頭の味噌汁
    パンプキンサラダ
f0088197_2385558.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-24 23:09 | おでかけ
秋彼岸
早いものでまた秋彼岸が巡ってきた。
もち米の炊きあがったいい香り。
つやつやに炊きあがったご飯は熱いうちが勝負。
すりこぎで半搗きにして塩をひとつまみ入れる。

作っておいた漉し餡、黄な粉、胡麻、ずんだの餡をまぶす。
濡れぶきんで包む人もいるが、私はラップをつかった。
今日は一番食べたがっている母にもちいさいおはぎをふたつ。
庭の青もみじを飾って今日の器は秋田の川連塗。
f0088197_1926354.jpg

今日は雨だからお墓参り用はホイルで包んだ。
f0088197_21531974.jpg

知り合いの女性の家は15代も続く本家、お団子を毎回100個作っても足りないと言っていた。
次世代もそれを受け継いでいくのか・・・・。
我が家のお墓も少々問題あり。
祖父、祖母、父、その前の世代の墓石・・・・・お供えしなければならないお墓が6基ある。
それぞれがそれぞれの熱い思いで作ったお墓。
でも残された人にとっては大問題。
私は自分のお墓はいらないと思っている(家族が時々思い出してくれたらそれでいい)
だけど そんな発言をしたら親戚などからいろいろ言われ大騒ぎになるかもしれない。
自分のことでなくてもお墓のことなどはすぐに感情論が先に立ち、亡くなった人を粗末にすれば
ばちが当たる・・・・と言われかねない。
粗末にする?そうではない、時代は変わり、子供の数も少なくなり、昔のように長男が代々家にいて
それを守っていくのが難しくなっている現状がある。
私はお墓参り、諸々の仏事など、子供たちには強要したくない。
?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
晩ごはん
   昨日ワインを開けたので今夜も飲まなくてはいけなくなった。(笑)
f0088197_21481344.jpg

   まぐろの赤身のたたき (黒コショウ・塩)にマスタード入りマヨネーズ
   刻みしば漬けとオクラを和えたもの
   かぼちゃサラダ(圧力なべで蒸して つぶし、晒し玉ねぎ、レーズンを入れた。
   マヨネーズ少々と塩を少し
f0088197_21501330.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-23 20:28 | 日々のこと
十五夜
夜七時過ぎ重い雲の隙間からやっと見えた一五夜の月。
長袖を着ていても風が冷たくなってちょっと寒いとさえ感じられる。
明日はさらに気温が下がり最高気温17度 最低気温は13度という予報が出た。
一気に秋は進むのか?
ぽかぽかした秋の陽だまりも味わいたい。
f0088197_22421490.jpg


すすき、こすもす、秋海棠、にらの白い花を生ける。
朱塗りのお膳に中秋の月見に中国では必ず食べられるという『月餅』
他にお酒、果物を供えた。
f0088197_22495088.jpg

中国では満月の形のような丸いものを供える習慣があるらしいので
到来物のすだちも仲間入り。
f0088197_22465742.jpg

ご近所からにぎやかな声が聞こえる。
窓を開けて子どもたちはパンパンと柏手を打っている。
ついこの前まで我が家でもそんな一こまがあった。
お月さまには何を祈ろうか、一番のお願いは『無病息災』かな。
*******************************************************************
晩ごはん
   お月見とはかけ離れた献立
    炒飯(豚肉、ねぎ、シシピー、にんじん)
   
f0088197_22593167.jpg

    川海老のから揚げ
   
f0088197_22595794.jpg

    茄子焼きにとろけるチーズ
   
f0088197_2304660.jpg

  赤ワインに川海老のから揚げと茄子チーズが合う。
f0088197_232074.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-22 23:02 | 自然
湯葉
私がはじめて湯葉を食べたのはまだ20代だったころ。
祖父と出かけた京都・奈良への旅、隠元和尚で有名な萬福寺でいただいた
普茶料理の一品だった。
あの時80代だった祖父はきれいに並べられた豪華な普茶料理を目の前にして
こんなに食べられないのに・・・・と困った顔をしたが、「いいから食べて♪」というと
料理の美味しさにすべてたいらげた。
湯葉は生麩を包んで揚げていたように記憶しているが、はっきりとは思いだせない。
祖父は遊びに行くといつもあの京都で食べた普茶料理のことを話した。
『あんなにおいしかったのに あんなこと言ってごめん』といつも付け加えていたなあ~。
大好きな京都・奈良 祖父との思い出がたくさんつまっている場所。

最近 京都の半兵衛の湯葉が手に入り時々買ってくる。
今日は季節の野菜を巻いた揚げ湯葉。
シンプルにオクラを巻いたのと、青紫蘇と海老を巻いたのと二種類。
f0088197_2153161.jpg

この頃揚げものをあまりしなくなったのでたまにはいいと水きりしていたお豆腐も
茄子と一緒にあげて揚げだし豆腐を食べた。
f0088197_21532918.jpg

今日は雨が降ったりやんだりで風も結構強かった。
柿の葉が紅葉し始め、落ち葉を何枚か拾った。
秋になったら夏は鬱陶しくてあまり使わなかった赤絵の器もいいなあ~とそれに盛った。
梅酒を一杯、冷たいお酒がまだ心地いい。(私は暑がり)
f0088197_21573725.jpg


産直で買った直径二センチほどの里芋は蒸して皮をとり、秋のご飯を炊いた。
餅米を混ぜてきのこ、揚げ、人参と炊き込んだ。
これも赤絵の器に。
f0088197_21594569.jpg

*******************************************************************
ベゴニア
   ベゴニアは秋海棠の仲間、親戚だけあって花もよく似ている。
   遊歩道にも植えられていて、秋になってますます生き生きと咲いている。
   プランターからこぼれるように咲き 見事だった。
f0088197_2281892.jpg

   ハートの形のつぼみも ふんわりと咲いた様子もかわいい花。
   白や赤もあるけど私はやっぱりこの色が好き。
f0088197_2292120.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2010-09-21 22:09 | 食べ物