<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
一面の霧
昨日からの雨は今日も一日降り続き 地域によっては洪水警報が出された。
郊外にある知人所へ所用で出かけたら、田んぼや畑に深い霧がかかっていた。
正確には霧というのかどうかわからないがちょっと前が見えなくなるほど深かった。
写真に撮ると真冬の地吹雪の風景とも似ているがこれは雪ではなく水蒸気。
自然は実にいろいろなことを見せてくれる。
f0088197_2015130.jpg

雪どけが進んだ畑の縞しま・・・・・・・筋になっているところは畑の畝なのかな?
f0088197_2016152.jpg

帰りに冬の間いかなかった産直へ、新鮮な葉ものが安い!
珍しい豆も買ってきた。
*******************************************************************
晩ごはん
   新鮮な鯖が安かったので 味噌煮(夫の好物)
f0088197_20202031.jpg

   海老のケチャップ・マヨ炒め
f0088197_2021460.jpg

皆瀬の水耕三つ葉と新玉ねぎの卵とじ
f0088197_2022291.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-31 20:22 | 自然
吉沢久子さん
今日の徹子の部屋はことし94歳になられた『吉沢久子さん』がゲストだった。
型にはまらず 楽しく生きようとする彼女の姿勢はとても共感するものが多く何冊か
著書も手にとって読んだ。
ご主人がなくなられてから30年近く一人暮らしをされている。
94歳で出版した本のタイトルが『寄りかからず。前向きに おおらかに』
一日2食8時半には起き、10時ごろ朝食、6時半ごろ夕食だそうだ。
その間にどうしてもお腹がすいたらお茶とクッキーなどをつまむと話していた。
食事の間に執筆をし、もう何十年も作っている八丁味噌をつかったゆべしをお土産に
スタジオに持ってきていた。
顔が穏やかでよく笑い、健康だからできることだろうが 月一度に往診してくれるドクターの
やせなさいという忠告も守らない。
小さくても楽しいことをたくさん見つけておおらかに生きる姿には改めて感動を覚えた。

昨日食べたかったシュークリーム
雨だったが晴れ間をぬって買ってきた
f0088197_20595089.jpg


いただいた大きな鱈 これで食べきった!ごちそう様!
  鱈の寒麹漬け
f0088197_2105086.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-30 21:01 | ひと
夕暮れ時の木蓮
全国的に晴れマークの一日。
あれこれやることがあって 食べたいお菓子を買いにデパートまで自転車を飛ばそうと
思ったが できなかった。
疲れていたが録画しているミス・マープルが面白くて1話だけ見てしまう。
ポアロもそうだが 映し出される植物や、川面に映るもの一つだけでも見逃せない。
そこにヒントが隠れていたりするから。
登場人物の会話もちょっと聞き逃すと大事な鍵を見逃してしまう。
このミステリーだけはお茶をすするだけにしておせんべいは食べない。(笑)
それにしてもイギリスの風景はきれいだ、今日の舞台はウェッジウッドだった。

神経を集中させて見ていたらちょっと疲れて夕方近くを散歩した。
少なくなってしまった公衆電話の前に白木蓮の木がたっている。
空が少し夕暮れのブルーになってきてそのシルエットが美しい!
ずっと見ていたら人が通り 「何?」と聞いてきたので「きれいでしょ?」
と答えたら「な~んだ、木か・・・・」と美しさがわからぬ心の持ち主でがっかり。
『木は美しいよ、それがわかる人になってほしい』と心のなかで返した。
f0088197_727094.jpg


夕食は焼きそば お肉を新鮮なうちに使い切りたかったから
母は焼きそばはだめなのでお魚を焼く
秋田のつぼみ菜を散らしてちょっと春らしいソース焼きそば
f0088197_85519100.jpg


 おべんとう
    夕べの鱈フライ、卵焼き、かぼちゃ、煮物、ソーセージ
f0088197_8575534.jpg

*******************************************************************
三日月が出ていた
f0088197_8584397.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-29 22:27 |
ビオラ咲く
秋植えのビオラがこの冬の寒さに耐え 花が咲いてきた。
冷たい霜にあたり、雪を何度もかぶったせいか、秋植えの花は丈夫だ。
今日はやっと晴れて日差しもあり咲きだしたビオラがとてもきれいに見えた。
f0088197_22231516.jpg


鱈料理
ゆうべは 鱈の頭や骨でざっぱ汁を作った。
 鱈のほかにはネギと豆腐だけであっさりとつくる。
 鱈の新鮮さが一番わかる料理だろう。
 鱈特有の臭みなど全くなく骨からも出た美味しいスープで満足だった。

 今夜は鱈フライにした。
 これは母も大好物でとんかつソースをつけていただいた。
 この分量を美味しそうにぺろりと平らげた。
f0088197_2233820.jpg


おべんとう
    肉だんご、しらたきと揚げの煮もの、ソーセージ、ハタハタの三五八漬け、ほうれん草、いぶりがっこ
    
f0088197_2236530.jpg

*******************************************************************
  あんこ完成
    いただいた小豆で餡子づくりをした。
    今海は裏ごし器を使って数回水にさらしたせいか なめらかでおいしいあんこになった。
    これで1.5キロのあんがとれた。
    これにきび砂糖700グラムを入れてねり 小分けにして冷凍庫へ。
f0088197_22405541.jpg

    重さの半量のきび砂糖をいれて練り 小分けして冷凍保存した。
f0088197_2314314.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-28 23:02 |
たら
昨日いただいた真鱈 我が家に1本だけある出刃包丁でやっとおろした。
実は大きな鱈を丸ごとおろしたのは初めてだった。
f0088197_20505967.jpg

母は何度か大きな鱈を丸ごと料理した経験があるらしい。
海から上がったばかりの鱈は本当に新鮮そのもので アラは今日の鍋用に
身は寒麹につけ、もう片方の身はフライ用にさばいた。

鱈の頭をおろしている時に小さなハタハタが挟まっていた。
小さくても正真正銘八森のはたはただった。
これはそのハタハタ、全長6センチ めんこいハタハタだった。
f0088197_20532659.jpg


※夜8時ごろまた大きな地震があった。
 岩手の方は震度5弱、こちらも震度4だった。
 あの3.11の余震だったらしいが長く揺れて結構気持ちが悪かった。
 これでまた誘発されて大きな地震が来ないとも言えない。
 忘れかけていた防災のこともう一度考えなくては!

  お弁当
   豚肉の焼き肉弁当
f0088197_20574534.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-27 20:57 | 食べ物
また銀世界
消えてすぐなくなる春の雪だが 朝起きるとまた一面の銀世界。
少しずつだが芽ぶきが始まっている公園の木々がまた雪化粧して美しい。
f0088197_21115198.jpg

訪問の歯科衛生士さんが着ている半そでの白衣が寒そうだった。
お昼近くまでの30分間母の口の中を隅々までチェックしながら やんちゃ盛りの2人の
息子さんたちのことを話してくれた。
彼女はきっといいお母さんなんだろうなあ~。

お昼近く雪は融けたがまた降ってきたり 陽がさしてきたり忙しい天気。
天窓から差し込んだ陽がどこかで屈折したのか 木の壁に小さな扇形の虹が出ていいた。
ほんの数分の虹との出会い。
f0088197_2120433.jpg


・・・・ありがとう・・・・・
お昼ご飯を食べていたら友人から大きくて見事な鱈が届く。
お手製の鮟鱇の肝和え 旨い!
それから枝垂れ桃の枝がどっさり!大切に咲かせてみますよ!
本当に感謝!今日は会えなかったけど 近いうちにきっとね。
*******************************************************************
春はたまご料理   まろやかな味とこのやわらかな黄色で元気になる!
   今朝の一皿・・・・・・・ふわふわスクランブルエッグと小松菜の胡麻和え
f0088197_21243420.jpg

   数日前の朝ごはんの一皿
        小松菜と厚揚げの卵とじ
f0088197_21254592.jpg

   
  晩ごはん
    牡蠣と竹輪のジョン 赤海老の塩焼き
f0088197_21274389.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-26 21:27 | 自然
三寒四温
今朝またうっすらと雪が降った。
庭の残雪が砂浜によせる白い波のようにも見える。
f0088197_22431235.jpg

寒くて毛糸のマフラーを巻いて買い物に出かけた。
春にしん、男鹿の生わかめ、清見オレンジ、それから台湾の芳香パイン
をかごに入れる。
食べ物は春のものが多くなってきているのに 今年はいつまでも寒い。

秋田ではお彼岸に赤飯を作る。
母も食べたかったようだから夕べから準備しておき今日蒸した。
産直のSさんが作った絶品のてんこ小豆で色をつけた。
祖母から伝授された おいしいほうじ茶でしとを打って蒸しあげた。
いぶりがっこの本場 山内の名人のがっこを添えた。
f0088197_22475068.jpg

夕方から また相撲観戦!今日は千秋楽だ。
優勝決定戦で惜しくも白鵬に敗れてしまった鶴竜、本当に残念だった。
力は十分ありそうだ、そして大関昇進も間違いないだろう。
勝負事は必ず勝つものと負けるものがいる。
夕方には薄日もさしていいお天気になった。
山の向こうに雲が立ち込めて 山並みのように見える。
f0088197_22525729.jpg


晩ごはんは 鶴竜の残念会(ただの飲み会)
  沖縄もずくの天ぷら、アボカドのサラダ、春にしん
f0088197_2313098.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-25 23:13 | 自然
かもしか
母をリハビリに送り出し 洗濯をし始めたら夫が私を呼んだ。
何でもお隣の庭にカモシカが来ているというのだ。
小さいカメラを持ってすぐに外に出たが カモシカ君は足がはやくあっという間に消えてしまった。
いったい何をしにこの住宅街に来たのだろう。
でも思えばここに住み始めたころは夜になると「コツコツ・・・・・」とカモシカの足音が聞えた。
今でも自然が豊かなところだから 自分たちの棲みかからちょっと足をのばしてきたのかもしれない。
みぞれが降って寒い土曜日 カモシカ君無事お家に着いたかな?
我が家の庭にもいろんな芽が出始めた。
向かって左下は『ひろっこ』アサツキというところもある。
わがやのは痩せているが 雪の下になっているやわらかなひろっこは甘くてとても美味しい。
市場に買いに行って卵とじや味噌かやぎ、酢味噌和えにして食べたい。
f0088197_1854797.jpg

これは最近クリスマスローズに凝っている知人が育てたもの。
うつむいて控え目にでも美しいドレスのように咲くクリスマスローズは素晴らしい。
私はこの色が一番好きだった。
f0088197_188521.jpg

夕食の準備をして母と相撲を見る。
母と暮らすまでまじめに見たことがなかった。
見ているうちに格式のある素晴らしい国技だと知る。
私が好きな力士『鶴竜力三郎』が琴欧州に勝った。
日本人力士がだんだん外国の力士に押され気味なのは残念だが
明日は千秋楽 誰が優勝するのかな?
観客席にカーネーションの夏木マリさんがいた。
皆さまもよい週末をお過ごしください。
[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-24 18:10 | 日々のこと
泥んこ遊び
天気予報通り 夜になって雨が降ってきたが日中はよい天気だった。
物干しざおをきれいに拭いて外に洗濯ものを干した。
真っ白に煮洗いした布きんも風でふんわりと乾いた。
f0088197_21542940.jpg

母に新聞をざっと読んであげ 母が読みたい記事をその部分だけ小さく折って渡す。
お風呂場に行っら汚れを見つけブラシでこすってきれいにした。
リビングの植物にもかなりの綿ぼこり!春の光は容赦なくお掃除のサインを出してくれる。
やっと終わったと思って座ったら 昨日残った小豆を水にひたしていたことを思い出した。
新しいうちにあんこを作っておくべきだ!
一度ゆでこぼしてから圧力鍋で小豆を煮た。
すりこぎで小豆をつぶし殻を外しうらごしして 晒しの漉し袋に入れてしぼる。
何度か晒して いい色のあんこが取れた。
触っていたら 何やらいい感触・・・・・遠い日の感触が手によみがえる。
泥だんごを丸めたのはおそらく料理の第一歩!
コロコロと手のひらで転がすうちにまんまるになっていく。
砂や小石など何も混じっていないから滑るようななめらかさが手に伝わる。
だんだん小さくして(半分)にして木のお皿に載せてみた。
目分量だがなかなか正確に半分になっている。(笑)
あんまり繋げたら「はらぺこあおむし」のように見えてきたので四つでやめた。
疲れたから煉るのは明日にしよう。
f0088197_22132847.jpg

午後 薬局まで、いつものお地蔵さんがにぎやかに見えた。
そうだ、今日は彼岸明けだった。
どなたかが甘夏とおまんじゅうを供えていったのだろう。
f0088197_22161238.jpg

もくれんの木には筆のようなふわふわのつぼみ
f0088197_22203958.jpg

今週も自分に御苦労さま!という気持ちを込めて美味しいビールの栓を抜く♪
お肉屋さんに肉を買いに行ったら 大潟村のつぼみ菜も手に入った。
フライパンに少しのお水と塩を入れ蒸し煮にする。
地もののせいか野菜の甘さがすごい!
f0088197_22251215.jpg

こんなおつまみも作った!タバスコをたっぷりかけて食べた。
f0088197_22261548.jpg


お弁当
  今週最後の今日は海苔べんとう
f0088197_2227824.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-23 22:27 | 料理
春雷
春が近づいて目覚めると障子越しに明るい光を確認できるのに 今朝は雨で雷も鳴っていた。
『春雷』・・・・・日本人は暗く怖いかみなりのことも季節ごとに風流な言葉で言い表すすごい民族だ。
冬の入口で鳴る雷は日本海に荒波をおこし ハタハタを呼ぶ。
だとすれば春の雷は何を呼ぶのだろう。

朝ごはんを食べながら母は『晴耕雨読』の言葉を出し 今日は雨だから本でも読んで過ごしたいと
言っていたが・・・・・・・みるみる間に天気は回復し、お昼前には燦々と春の日が差し込んだ。
掃除も、あそこの片付けも・・・・・・と思ったが 眼鏡が合わなくなって字が見えにくくなってしまった母に
津村節子のエッセイを2~3編読んであげ それから取りかかった。
子どもが生まれた年に出た本だから、もともと母が買って読みそれを私にくれたものだったろう。
今読んでも古臭さは感じられず、読みながらアチコチ脱線し楽しいひとときになった。
こんな調子だから 月曜から楽しみにしているアガサ・クリスティーのミス・マープル4はなかなか見る
時間がなかった。
f0088197_18264434.jpg

でもお昼を食べ 私も少し休息の時間 やっと一話だけ見ることができた。
それにしてもイギリス人のお茶の時間が豪華だ。
私はそれを見ながら韓国のチョコレート菓子をひとつでお茶タイム。
パッケージもレトロで味もなかなか気に入っている。
安いけどなかなか本格的なブラウニーだ。
ミス・マープルの吹き替えの声は大好きな『藤田弓子さん』なかなか合っていると思った。
f0088197_184022.jpg

*******************************************************************
   ランチ
     おいしいフランスパンでフレンチトースト
     母には餡パンを買っていたがそっちが美味しそうと一緒に食べた。
     じゃがいも、たまねぎ、人参、ロースハムのスープにちょっとアクセントが欲しくて
     冷凍していたセロリの葉を加えたらそれがお気に召さなかったようで残された。
     私も老人になったらこうして残してしまうものはあるのかな?
f0088197_1837213.jpg


   おべんとう
     
f0088197_18374262.jpg

[PR]
by harunoyokihi06 | 2012-03-22 17:18 | 自然