ユリノキ 冬
いつも撮っていたユリノキの紅葉が今年はきれいではなかった。
・・・・というよりも病院の近くにあった木だったので そう頻繁に見にいけなかったから見逃したかも
しれない。
すっかり葉が落ちた すっきりとした冬のユリの木を見たのは12月の初めだった。
花が終わった後に細長い緑色の松ぼっくりのようなものがつく。
たぶんこれは実で 、それがどんどん木のようになっていき松ぼっくりが開いていくように
それも開き、やがてプロペラが一枚ずつはがれるようにして飛んでいく。
その一枚の小さなプロペラの付け根に小さな種が入っているらしい。
高い木だから見ることはできないが、これから迎えるきびしい季節の中少しずつ春に向かって
大きくなっていく冬芽の準備は万端だと思う。
5月ごろかわいい半纏(はんてん)の形をした新しい葉っぱにあうまで 人間の私も寒い冬を
過ごさなければならない。
f0088197_7501639.jpg


びっしりとついた葉っぱが全部一枚残らず赤くなっていた。
赤い実に負けじとみんな、みんな最後の力を振り絞るかのように 白い季節の前を彩ってくれた。
f0088197_753587.jpg

[PR]
# by harunoyokihi06 | 2012-12-16 23:30 | 自然
とける雪
やらなければならないことが山ほどあったが 優先順位をつけて片付ける。
午前中はあちこち買い物、師走の街は人も車も混んでいて選挙カーまでいて大混雑。
メモしていったがやっぱり用事を一つ忘れて明日に持ち越し。
郊外の集落に人だかり・・・・・・・立候補者が演説をするらしい。
一日冬の雨がしとしと降っていた。
だれも足を踏み入れない田んぼだけが白く雪におおわれている。
f0088197_7424335.jpg

野菜を買いに行く。
丸々と太った白菜、壬生菜、ホウレンソウ、カリフラワー(母は今でも花野菜とよぶ)、
キャベツ、それにお正月用の豆も並びだした。
近くの遊園地のケヤキの並木が雨にぬれて黒々として美しい。
夕方にはほとんど雪が消えたのにニュースに映った新潟のものすごい雪に驚いた。
f0088197_7454910.jpg

*******************************************************************
午後は久しぶりに秋田の昔っこを聴けた。
 8人の語り部さんが遠い幼いころに私をいざなってくれた。
 それぞれの語り口だが それぞれに味があって本当に心地よい時間だった。
 ご自分で縫ったのか、もんぺと上着の衣装が古い藍木綿だったりして美しかった。
 用の美とでも言うのか、何度も水を通していて柔らかな風合いまで見てわかった。
  (写真禁止だったので残念)
 昔話の演目を書いていらっしゃるのはたぶん90代のYさん。
 この美しい文字をご覧ください!
 来月も忘れないで行きたいと思った。
f0088197_7525775.jpg

 
[PR]
# by harunoyokihi06 | 2012-12-15 23:20 | 自然